現金化を専門業者に依頼する理由

ショッピング枠現金化は、会社を利用して行う方法が一般的です。
しかし中には、自分自身で現金化を行うという方もいます。
こうした自分自身で行う方法は、セルフ現金化と呼ばれています。
一体どのような方法で、セルフ現金化は行われているのでしょうか。

セルフ現金化では、金券を購入するのが一般的です。
しかし、どんな金券を購入しても良いというわけではありません。
比較的換金率の高い金券を購入するのがポイントです。
そして、これらを金券ショップに持ち込んで、換金するというのが一般的な方法です。
特に、新幹線の回数券は換金率は高く、95%前後と言われています。
その為、数ある金券の中でも新幹線の回数券は、人気を集めているようです。

しかし、セルフ現金化にはクレジットカード会社の厳しい監視の目が光ります。
何故なら、キャッシング枠の残高が無いと、金券を購入する事が出来ないからです。
これは、セルフ現金化を行おうとした人が多い結果、監視が厳しくなったと言えるでしょう。
特に、外資系や銀行系と呼ばれるクレジットカード会社の監視が、厳しいとされています。
また、以前ならば比較的手軽に購入できたクレジットカード会社でも、現在は購入できなくなっているほどです。

ただし、キャッシング枠の残高が残っている場合は、購入は可能です。
もし、残高が50万円あったとすれば、50万円分購入する事も、不可能ではありません。
しかし、これまで一度も新幹線を利用していなかった人が、突然新幹線の回数券を何十万円分も購入したとなるとどうでしょうか?
不自然に感じる方が、ほとんどのはずです。
その為、例えキャッシング枠の残高があったとしても、クレジットカード会社にバレてしまう可能性が高いと言えるでしょう。

こうした事から、出来るだけカード現金化は専門の会社に依頼する事をオススメします。
専門の会社では、こうしたクレジットカード会社の対応を熟知しています。
その為、安心してショッピング枠現金化を任せる事ができるのではないでしょうか?