ギャンブルが好きな人はショッピング枠現金化を行ってはいけない

「ギャンブル好きの人」と限定してしまいましたが、実はそうではないんです。
ギャンブルが好きな人なかでも自己管理が出来る人もいます。例えば私の友人でも今日は1万円しか使わないと決めて遊技場に行く人や、月に一回しか行かないけど毎月の給料を全部使ってくる人など様々です。
でも、中には自身の生活のお金以上にキャッシングなどでお金を借りたり、通常では考えられませんが闇金から借りてしまったりする人も少なくはありません。
つまり、金銭的な誘惑に負けて自己管理どころか自身の限度額を超えて欲求を満たすようになってしまっては現金化を利用するのはお奨めできないということです。
なぜお奨めできないかというと簡単です。特に現金化といわれる中でも手軽にできるクレジットカードのショッピング枠現金化で見てみましょう。
ショッピング枠現金化は業者に指定される店舗または商品をカードで決済すると現金が自身の口座に振り込まれるという仕組みになっているのですが、カードで決済をするというのは洋服やバックを買うようにショッピング枠を利用して決済をしているわけです。
どういうことか想像がつきますよね。そうです。つまり、翌月または翌々月には返済をしなければなりません。もちろん返済方法は選べますし、全額を一括返済する必要もありません。
ですが、多くのギャンブラーは自身の限度額を超えて利用することが多く、破産するまで気づかないことが多いようです。
ここからが本題ですが、そうなったときに自己破産という手段が検討されますが、クレジットカードの現金化の証拠が発覚するとその代金は自己破産の対象にならない、もしくは自己破産が認められないということもあるようです。
ですからギャンブルが好きな人にはお奨めできないんです。

コストを抑えられる条件とは

ショッピング枠現金化には、当然コストがかかります。

手数料や振り込みにかかる費用など。

このコストは、一般的に現金化を行う会社が負担しています。
そして、この負担により還元率が定められていると考えても良いでしょう。
つまり、会社が負担するコストを抑える事ができれば、その分還元率も高くなるというわけです。

 

では、会社が負担するコストを最も抑えられるショッピング枠現金化の条件とは、何でしょうか。
それは、申込金額が高額で、換金して利用者に渡すまでの期間が長いという条件です。
この条件ならば、カード現金化を行う会社はコストを抑える事ができます。

 

実際に、このような期間の長いプランを、売り出している会社もあるようです。
ショッピング枠現金化で、少しでも還元率を高くしたいのであれば、こうしたプランを活用すると良いでしょう。
ただし、それでもショッピング枠現金化にはコストがかかります。
その為、還元率が100%になる事はないと考え、あまりにも高い還元率を謳った怪しい会社には引っかからないようにしましょう。

最低還元率保証のある会社でショッピング枠を利用しよう

ショッピング枠現金化を行う場合、どうしても最大還元率を見て、会社を選んでしまうという方が多いのではないでしょうか。
せっかくショッピング枠現金化を利用するのだから、申込金額に近い金額を、現金で手に入れたいと思うのは当然の事です。

しかし、実際に最大還元率で利用する事は可能でしょうか?
なかなか条件を合わせるのは、難しい事です。

というのも還元率の表示がないところはまず、論外ですが、掲載しているところはほとんどが最大値で書いてあります。

でも最大値は100万円以上などの大口様のみに利用される数値となるため現実にはないと思った方がよいでしょう。

そこで、ショッピング枠現金化を行う場合は、最大還元率ではなく、もう1つの還元率に注目して会社を選びましょう。

もう1つの還元率とは、最低還元率です。
最低還元率とは、その名の通りショッピング枠現金化において、その会社における最も低い還元率です。

しかし、この最低還元率が保証されている場合、最大還元率の条件に合わせられずとも、大よその還元率がわかります。
逆に、保証がなければ、どのぐらいまで下がってしまうのかわからないかもしれません。
その為、最低還元率の保証のある会社で、ショッピング枠現金化を行った方が、利用者にとってお得と言えるでしょう。