ショッピング枠現金化は法律違反?

ショッピング枠現金化に対して、法律に違反するという声があります。
実際、これらを不安視して、利用を躊躇っているという方もいるのではないでしょうか?
しかし、ショッピング枠現金化は法律に違反する行為ではないと言われています。
それは一体、何故なのでしょうか。

 

 

その理由として挙げられるのが、キャッシュバックです。

ショッピング枠現金化には、キャッシュバック型と呼ばれる方法があります。

このキャッシュバック型は、家電量販店などが行っているポイントバックとほぼ同じ方法です。
つまり、キャッシュバック型がもし法律に違反する行為となった場合、家電量販店のポイントバックも違反となるのです。

 

では、買取型ならば法律に違反するのでしょうか。

大手クレジットカード会社と呼ばれる会社は、ほぼ拠点を海外に置いた国際ブランドばかりです。
つまり、海外のクレジットカード会社を日本の法律で規制する事はできないというわけです。
その為、買取型もキャッシュバック型と同様に、違法性は一切ありません。

ただし、クレジットカードのショッピング枠は、元々現金化のような使い方を利用規約で定めていません。
あくまでショッピング枠は、買い物に使うものとして用意されているものです。
その為、ショッピング枠現金化を行う事により、利用規約違反となる事があります。
利用規約違反となった場合、クレジットカードはすぐに利用停止となってしまいます。
しかも、残高の一括清算を求められる事になります。
そうなると、キャッシング枠も利用していた場合、上限金額にもよりますが、かなりの金額の支払いが必要になるかもしれません。
その為、もしキャッシング枠の残高がまだあるのであれば、大人しくキャッシング枠を使った方が、安心してお金を借り入れられます。

確かにショッピング枠現金化はとても便利で、なおかつ違法性もありません。
しかし、クレジットカード会社の利用規約違反になるというリスクはあるという事を、覚えておいた方が良いでしょう。