現金化に多い間違った認識や考え方

現金化に対して、間違った認識を持った方も多いようです。
中には、クレジットカードそのものを売却すると考えている方もいるようですが、まずそんな事は行いません。
ショッピング枠現金化とは、クレジットカードのショッピング枠を使って商品を購入します。
そして、その商品を換金し、現金に変えるのです。
また、元々キャッシュバックの付いた商品を購入する事で、現金を手にするという方法もあります。
どちらにせよ、行うのはクレジットカードで商品を購入するという事です。
その為、クレジットカード会社には、あなたがどこでどんな商品を購入したかという情報しか、伝わりません。
つまり、お金を借り入れたという履歴が一切残らないというわけです。

中には、ショッピング枠現金化を行う会社を利用せず、自分自身で行うという方もいるようです。
こうした方は、ブランドの高価なアイテムや、換金率の高い金券を購入し、売却するという方法を選ぶそうです。
しかし、クレジットカード会社の監視の目は厳しいものです。
例えば、換金率の高い金券を一度に大量に購入したとしましょう。
そうすると、クレジットカード会社から連絡が来ます。
そして、金券のコピーのFAXを送信するよう言われる事もあるようです。
もし、既に売却済みだった場合は、当然コピーをFAXする事はできません。

このような事態になると、クレジットカードが利用停止となります。
しかし、例え1枚利用停止になったところで、まだ他のクレジットカードがあるという方もいる事でしょう。
もし、そういった考えの方がいるのであれば、大きな間違いです。
何故なら、利用停止となった情報は、他の金融機関も知る事になるからです。
その為、新たにクレジットカードを作ろうとしても、審査に通らなくなってしまいます。

その点、ショッピング枠現金化を行う会社は、監視の目が厳しい事も、きちんと把握した上で行ってくれます。
利用停止になる事も少ないので、本当にお金が必要な時は、自分自身で行おうとせず、ショッピング枠現金化を専門に扱う会社を利用しましょう。